映像制作の見積りとインフォマーシャルについて

映像制作会社のホームページには制作見積もり例が掲載されており、制作内容により見積もり額が異なるのが特徴です。


映像制作にはテレビコマーシャルと言った本格的なものもあれば、イベント紹介用の映像、ウェブサイト内で利用する映像、インフォマーシャル、セミナー風景の撮影、企業PR用の映像、店頭などで発信する販促用の映像など、色々な種類が在ります。



因みに、インフォマーシャルはインフォメーションおよびコマーシャルの2つを持つもので、インフォメーションは情報でありコマーシャルは広告であり、テレビショッピングなどの映像をインフォマーシャルと呼んでいます。

テレビショッピングと言うのは長いものだと1時間前後となるため、映像制作費としても、他の映像と比較をしても長くなります。それ故に見積もりを依頼する事で制作費用を把握出来たり、制作会社毎の価格の違いなどを知ることが出来ます。

セミナー撮影やイベント風景の撮影を映像に収めると言うのは企業の宣伝にも繋がる映像制作の一つです。



テレビコマーシャルやインフォマーシャル、ウェブ用の映像とは異なり、撮影を行った後に編集を行えば映像としては完成となりますが、これらの映像制作と言うのは撮影と編集の2つが主体となり、その中でも編集作業の良し悪しにより映像の品質が決まってくるため、制作会社を選ぶ場合には過去実例などを参考にしてニーズに合う映像を作り出してくれる所を選ぶことがお勧めです。

東京新聞の分かりやすい情報はこちらのサイトです。